紹介予定派遣とは

紹介予定派遣の解説をします

紹介予定派遣というものについて少し調べてみました。

 

紹介予定派遣とは将来的に正社員になるのを前提として働く事です。
最長6ヶ月と期間は決められていて、それより短い場合もあります。

 

一定期間働いて、社風や業務内容が自分に合っていると思えば、
そのまま、そこで正社員として働く事ができるのです。

 

しかし、自分がそのままそこで働きたいと思っても、
企業側から期間終了後に断られる場合もあります。

 

お互いに合意がなければいけません。
正社員ではなく、契約社員などの場合もあります。

メリットとデメリットを知ろう

紹介予定派遣のメリットは、何と言っても、
入社前に実際に職場を体験できる、という事ですね。

 

個人的に会社に就職した場合、ちょっと自分に合わないと思っても、
「せっかく入社したんだしもう少し続けよう」という人が多いのではないでしょうか。

 

でも紹介予定派遣なら、そのような場合でも、
一定期間終了後に辞退する事ができるのです。

 

とても便利なシステムのように思いますが、やはりデメリットもあります。

 

普通に派遣として働くよりも、紹介予定派遣のほうがどうしても需要が少ないため、
なかなか自分の希望に合った仕事を見つけにくいかもしれませんね。

 

そして、紹介予定派遣で就職が決まらなかった場合、
短期間での職歴が増えますので、次の就職活動の際に、
職歴での印象があまり良くない、といった事もありえるでしょう。

 

このようにメリット、デメリットがいくつかありますので、
紹介予定派遣をお考えの方は参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

▼このページをブックマークに登録する