派遣社員の実情

派遣社員の扱い

派遣社員の実態はどうなっているのでしょう?

 

年々増加しているといわれる派遣社員ですが、
どのような扱いになっているか説明していきます。

 

 

派遣会社との契約の期間が終了すると、そのまま契約更新されるか、
契約を更新しないかのどちらかです。

 

契約が打ち切られると仕事が無くなってしまうのですから、
新たな仕事を見つけなければなりません。

 

派遣会社が紹介をしてくれる場合もあるのですが、毎回都合よく紹介してくれるわけではないので派遣社員をしていると仕事が無い期間というのもでてくるわけです。

企業が求める人間とは

派遣社員に企業が求めるものは、高度なスキルです。
スキルのある人を雇い即戦力とするのが企業の狙いです。

 

 

企業は都合の人材が足りないときだけ働いてほしいわけで、
必要ないときには求めていないのが派遣という形態です。

 

 

企業も実際のところは、未経験者よりは経験者のほうが良いわけです。
派遣社員の場合は一から育てていくという概念がほとんどありません。

 

 

 

未経験者は派遣社員として非常に不利な実情です。

 

仕事が無い時期が多い人と契約が更新されなくてもすぐに仕事が見つかる人の違いは
同じ派遣社員であっても、こうした能力の違いが大きく現れています。

 

スーパー派遣社員は優遇される

一時期、話題となった篠原涼子が主演をしていた
「ハケンの品格」というテレビドラマがありましたね。

 

この主人公がスーパー派遣社員でした。

 

こうした高い能力と経験を備えていれば、
派遣社員であっても高い時給で優遇されるものです。

 

 

ですが、経験といっても、趣味で長くやっているなどの程度では
ダメであることは認識しておきましょう。

 

 

また、ほとんどの企業が明るい人柄を求める傾向があるようです。

 

ですから、面接のだけでも相手に明るい人という印象を
持ってもらえるように努めましょう。

 

 

世間で派遣社員というと、冷たい目で見る人が大変多いですが

 

上手く使いこなすことができれば、素晴らしい制度だと思います。

 

 

そもそも派遣社員というのが作られた本来の目的が、
こうした高い能力を持つ人のために作られたものですから。

 

 

 

 

▼このページをブックマークに登録する