一般派遣と特定派遣

派遣会社の種類

派遣と一言に言ってもいくつかの種類に分けられます。

 

主に一般派遣や特定派遣や紹介先予定派遣というものです。
聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ここでは特定派遣と一般派遣について解説をしていきたいと思います。

一般派遣

一般派遣とは

 

一般派遣は、事前に派遣会社に登録をしておいてから、
仕事内容や雇用の条件が合ったときに登録派遣業者と雇用契約を結んで、
派遣先の企業で働くことです。

 

登録者が事前に希望の条件を選ぶことができます。

 

一般派遣は厚生労働大臣からの派遣事業許可が必要となり、
許可番号は(般)から始まっているのが
一般派遣にあたり登録型派遣とも言う種類です。

 

特定派遣

特定派遣とは

 

特定派遣は派遣会社が正社員として雇っている人を相手先へ派遣することをいいます。

 

となると、一般派遣とは違い、派遣元では正社員の扱いとなっているので
出向のような趣になります。

 

当然ですが、正社員ですのである程度安定した形になりますね。

 

こうしたタイプは技術者などが多いようです。

 

派遣先では正社員として雇っているのですから、特定のスキルなど、
能力が求められる傾向にあります。

 

 

特定派遣は厚生労働大臣への派遣事業申請が必要です。
許可番号が(特)から始まる会社が、特定派遣であり、社員型派遣とも言われています。

 

 

多くの派遣会社が一般派遣のタイプですので、こちらのタイプはまだまだ少ないようです。
しかし、特定派遣で雇用してもらうと安定した労働が環境が整うので
ご自分の希望と照らし合わせてみるといいでしょう。

 

 

どちらが良いとはいえません。

 

なぜなら個人の希望やライフスタイルによって左右されますからね。

 

じっくりと考えて選ぶと良い結果になると思います。

 

ですので、何がしたいのか?どのように働きたいのか?など
細かく自分のことを認識しておく必要がありますね。

 

 

 

 

▼このページをブックマークに登録する