派遣会社への登録から仕事まで

登録する際の状況

派遣会社への登録から仕事に就くまではどんな流れになっているのでしょうか。

 

まず登録についてですが、派遣会社では一日に数回、
登録説明会というものを行っています。

 

自分の希望の日時を予約して、実際に派遣会社へ登録に行きます。

 

その際にほとんどの派遣会社は履歴書は必要ありませんが、
職務経歴書というものを持参するように言われます。

 

職務経歴書とは自分が今までに働いた経歴を簡潔にまとめたものです。

 

その会社での職務内容や、退職した理由なども簡潔にまとめて記載します。

 

あとは証明写真や、身分証明書も必要になります。
そして登録会ではスキルチェックなどを行います。

 

これらはほとんどがパソコンを使って行いますので、
パソコンを全くさわれない、という方には厳しいかもしれません。

 

タイピングテストや簡単な常識問題などが出題されます。
これによって、合否などが判定されるわけではありません。

登録から採用まで

基本的に、登録説明会ではすべての方が登録される事になります。

 

そして本人の希望やスキルチェックによって、
どの会社が適しているか、判断されるのです。

 

登録が完了すれば、派遣会社が自分に合った会社を探してくれます。

 

ここでは、遠慮せずに就業時間帯や職務内容などの希望を
細かく伝えておく事が大切です。

 

そして、希望の会社が見つかれば、派遣会社の担当の人と一緒に面接を受け、
採用されれば、就業という事になります。

 

就業してからも、何か不都合や不安な事があれば、
派遣会社がいつでも相談に乗ってくれ解決してくれます。

 

このように、派遣会社から仕事に就くと、すべて派遣会社がサポートしてくれますので、
自分一人で就職するよりも、スムーズですし、何かと心強いでしょう。

 

最近では、厚生年金なども受けれるようになっていますので、
一昔前に比べて、派遣の待遇も徐々に良くなってきています。

 

 

 

 

▼このページをブックマークに登録する