紹介予定派遣の手数料

人材サービスへ入る比率とは

最近何かと注目されている派遣について話したいと思います。

 

あなたは、派遣についてどの程度までご存知ですか。
実際に働いたことのある方ならよく知っているかもしれませんね。

 

派遣では一度も働いたことはないけれど、今後もしかしたら
登録するかもしれない、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

派遣の中でも、紹介予定派遣というものがあります。

 

派遣期間終了後、派遣先に人材紹介するこ
とを予定している派遣制度のことです。

 

つまり、ずっと派遣での契約で働くのではなく、
一定期間後には社員になれるかもしれない、という制度です。

 

当然、社員になるためには
派遣先企業とスタッフの双方が合意しなければいけません。

 

派遣での雇用となると、いつ首を切られるかの不安もありますし、
ボーナスも出ませんから、この紹介予定派遣で社員になれたら嬉しいですよね。

 

この際、このサービスを用いることにより、
人材サービス会社にはいくらかの手数料が入る仕組みとなっています。

 

この紹介手数料の比率が最近上昇しているようです。

 

どんどん派遣会社が増えてきたのにはこのような理由があったんですね。

手数料の割合はどれくらい?

具体的に説明すると、紹介予定派遣の手数料は、求人したいと考えている
企業が社員の採用を決めた時点で、年収の一定割合を派遣元に支払うのです。

 

ここで気になるのが年収の一定割合とはどれ程なのか、という点だと思いますが,
具体的な数字を言うと、年収の20%台の手数料だそうです。

 

が、しかし、これは以前までの話で、
ここ最近ではこれを30%台の手数料に引き上げる動きが拡大しているそうです。

 

社員を採用したい企業側も、確実に現場の即戦力となる
人材を求めているというわけなんですね。

 

派遣として働いた経験のある方でも、このような仕組みになっていたとは
知らなかった、なんて方も多いのではないでしょうか。

 

最近では、アルバイトや派遣を雇う企業が多く
なかなか社員での募集は少ないですよね。

 

このような紹介予定派遣を利用して、
あなたのやる気を企業に見せて社員になるというのも一つの方法だと思いますよ。

 

 

 

 

▼このページをブックマークに登録する