紹介予定派遣の試用期間

試用期間がある理由

紹介派遣(紹介予定派遣)という一定期間後に
企業側と派遣先企業との双方が認めた場合、
その者を正社員として採用するという制度があるのをご存知ですか。

 

この、一定期間という試用期間の長さは、最大で6ヶ月になります。

 

この6ヶ月間という決められた期間の間に、
職業の適性や会社の社風などが自分にあうかどうかを
双方で判断することになります。

 

双方の意見ですから、企業側が採用したくても
本人が社員になりたくない場合は不成立となります。

 

反対に、本人が社員へのやる気があったとしても、
企業側が相応しくないと思ったら不成立です。

 

では一体、紹介予定派遣のメリットはどこにあるのでしょうか。

 

わざわざ派遣として雇うのはなぜなのでしょうか。

 

正社員採用の企業を避けるのはなぜなのでしょうか。

 

 

それは、試用期間の間に実際に働くことで、
自分がこの会社に合っているかどうかを判断する為のようです。

被雇用者にもメリットがある

試用期間の間で自分が会社になじめない、
あわないと思ったら正社員になる必要はないということです。

 

もしも入社した会社に、自分と全く合わない人がいたとしたらどうですか。
ずっと働いて行く自信はありますか?

 

働くということは決して、友達をつくる目的ではありませんが、
やはり職場に仲のよい友人がいた方が仕事もしやすくなりますし、
大人の社会人としての様々な話をする事もできますよね。

 

ストレスをためないためにも、
相談できる仲間が職場にいた方がずっといいはず。

 

より良い職場で働くためには、
試用期間が設けられている紹介予定派遣だと安心して働くことが出来きますよね。

 

 

残業はないと聞いていたのに、毎日残業させられるとか、
思った以上に重労働だったりなど実際に働いてみて
初めて分かることだってあります。

 

業務内容や条件が本当に自分に合うかどうか、部署の上司や
同僚の方たちとうまく仕事に取り組めそうか、自分がやりたかった仕事なのか。

 

これらを派遣期間中に見極めることこそが、成功へのカギだと思います。

 

ですからつまり紹介予定派遣の試用期間の最大のメリットは、
実際に働くことで自分に合っている仕事かどうかを
判断することができるという点なのです。

 

やりたい仕事があるけれど、経験がないから自分にやれるかどうかを試してみたい。

 

なんて方には、ぴったりだと思いますよ。

 

もしも試用期間中に、これからもずっとやっていきたいと思ったなら、
ぜひとも正社員になって頑張って下さいね。

 

 

 

 

▼このページをブックマークに登録する