内職相場

内職の支払いシステム

内職の収入の相場などは変動するものなので一概に金額がいくらとは
言い切れないものがほとんどです。

 

アルバイトと違って時給換算で報酬が支払われるものではないので、
内職に限っては、成果報酬という出来高払いというシステムのところが多いです。

 

 

内職の需給関係や時期によって相場が変わるので、
実際に作業をやってみないとわからないことも多いです。

内職の一般的な相場とは

給料から時給にしてみると、だいたい200円から300円あたりが
内職の相場と言われています。

 

内職ですので、高収入の期待はしないようにしておくといいでしょう。

 

 

もともと内職というのは、小さな子供がいて外に出られない主婦や、
家庭の事情、体が不自由であるなど、
アルバイトやパートとして働くことが困難な人が選ぶものです。

 

外で働くことができるのであれば、バイトやパートをしていたほうが
より高い収入を稼ぐことができますし、内職より安定性もあるのが事実です。

 

 

例外として、内職をしていても仕事内容から信頼されて、
通常以上の仕事を任せてくれる会社もありますが、
信用されるまで時間がかかるものですし
誰でもこのような状態になるわけではありません。

 

内職の収入平均

多くの方の意見として収入は月に2万円いけば満足という人が多いです。

 

ちなみに、厚生労働省による調査では、内職収入の相場は、
「20,000円から40,000円」が38%と最も多く、「40,000円から60,000円」が19%、
「10,000円から20,000円」が14%となっていると思います。

 

平均収入/月は、4万6822円が内職相場だそうです。

 

ただし、この数値は一日中やっている人や、
男性の内職労働者も含んでいるようなので実際よりも数値が大きくなっています。

 

 

1時間当たりの収入での相場を見ると、
「200円から400円」が34%、「400円から600円」が25%、
「100円から200円」が13%と内職相場はなっており、
普通のアルバイトと比べると厳しいのが現実です。

 

 

内職の利点は自宅でできる。在宅なので時間に自由がある。
わずらわしい人間関係などが無い。単純作業である。

 

このようなメリットもありますので、お金だけで決めることはできません。