パソコン資格検定

仕事探しに資格を生かす

パソコンの普及とともに、最近では様々なパソコン内職が増えてきているようです。

 

そんな中、パソコンの資格を取って内職に役立てようという方が増えて来ています。

 

PC資格があれば、内職だけでなく、就職や転職の際にも役立つからです。

 

パソコンの資格を取得するということは、それだけのスキルがあることの
証明になりますから、職の幅が広がるというわけです。

 

採用する側としても、やはり資格がある方を優先するのは当然でしょう。

 

ですから内職をする人に限らず、
PCの資格は今や多くの人達に大変人気があるのです。

 

企業に勤めていても、パソコン資格を持っているか持っていないかでは
大きく違うようで、その為にPC資格を取得したいという人がとても多いようです。

 

その人気を受けてか、以前からずっとあるPC検定試験の他にも
様々な新しいパソコン資格が登場してきています。

P検がメジャーな資格

パソコン検定資格は、通称P検と呼ばれ、
総合的なパソコンに関する能力を測るものです。

 

PC関係の仕事に就きたい人は、ぜひこのP検を取得することをお勧めします。

 

その他に、高校などで取得された方もいるのではないでしょうか、
日本語文書処理技能検定(ワープロ技能検定)。

 

これは古くからある基本的なパソコン資格ですね。

 

最後に紹介したいのが、最近出てきた新しいパソコン資格で、今とても人気のある、
販売店やソフトの売り手などのベンダーが認定する資格です。

 

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)や、
Microsoft Certified Professional(MCP資格制度)がそれにあたります。

 

企業側にとって必要な人材かを判断する一つの基準として、
PC資格が重要視されてきているのです。

 

パソコン資格は、持っていて全く役にたたないということもありませんし、
知識を趣味に活かすこともできるので
パソコンの内職をやりたい人に関わらず取得してもらえたらと思います。

 

高齢の方などはパソコン自体に敬遠されがちですが、
一度覚えてしまえば色々便利なので、そのうちに楽しくなってくると思います。

 

そして資格を目標にして、頑張ってみてはいかがでしょうか?
世界が広がって、新たな発見があるかもしれませんよ。