就職活動自己PRの書き方

自己PRの書き方

就職活動で、いかに自分をみてもらうかは、自己PRにかかってくると思います。

 

あなたの自己PRがすばらしいものであれば、必ず採用担当者の目にとまるはずです。

 

でも、どうやって書けばいいのか分からないという方も多いかと思います。

 

就職活動自己PRは一体何を書けば良いのか、
そんなあなたの為に書き方のポイントをお教えしたいと思います。

 

まず就職活動の自己PRでは、志望動機も一緒に書くようにして下さい。

 

場所によっては、面接時に志望動機を聞かれない場合もあるので、
そのような時のために志望動機を書いておいた方が良いでしょう。

 

志望動機を聞かれないまま面接が終わってしまっては、せっかくのあなたの
その会社への志望したい熱意が伝えられないままになってしまいます。

 

それでは採用チャンスも遠のいてしまいますよね。

 

そして、面接時の場合の自己PR方法で好印象をあたえるのが、
あなたが現在夢中になっていることの経験談を話すことです。

 

その経験から身につけたプラス面を相手に分かりやすく話して下さい。

 

その際は、順序だてて話すと話しやすいと思います。

文章から会話へ

そこまで話せたら次は、
志望している会社でその経験を活かして仕事がやりたいと言いましょう。

 

こうやって志望動機を絡めながら就職活動の自己PRへとつながっていけば、
自然で好印象をあたえると思います。

 

それに、自分が夢中になっていることであれば話もしやすいでしょうし、
相手も興味をもってくれるかもしれません。

 

相手に興味をもたせたら、自己PRは大成功です。

 

というわけで、志望動機と就職活動の自己PRを一緒に絡ませて
話しをまとめ上げて、説得力を加えましょう。

 

就職活動の自己PRだけ、志望動機だけ、
とそれぞれで話をするよりも、影響は大ですよ。

 

自己PRする時は、自分に自信を持ってはきはきと話して下さい。

 

自信を持っている人は、それだけで人を惹きつける強い力をもっていますから。