就職健康診断書

必ず必要とされる書類である

就職活動をする際に用意するべき書類は履歴書だけではありませんよね。

 

他にも色々な書類が必要になってくるとは思いますが、今から説明する
就職健康診断書も大切な書類のひとつなのでまだの方は準備して下さい。

 

健康診断書とは、就職活動を行う人なら、
一般的には誰でも提出しなければいけないと言われています。

 

就職健康診断書と言っても堅苦しいものではなく、前もって
病院で健康診断を受けておき、その結果を履歴書と一緒に提出するだけです。

 

もしもあなたが、春に大学などで行われる健康診断を受信していた場合、
その健康診断書を提出すればよいでしょう。

 

しかし、志望する就職先によっては、もう一度病院へ行ってもっと詳しい
細かい診断を受けて提出するようにと指定しているところもあるようです。

 

分からない方は、就職先に確認を取ってみてください。

慌てず前もって準備をしておこう

大学が発行する診断書ではダメな場合は、
自分で医療機関へ行って健康診断を医師から受けて下さい。

 

その際、医師に就職健康診断書が欲しいと伝え、診断書を書いてもらって下さい。
健康診断といってもたくさん種類がありますから、会社の指示に従って下さい。

 

自分はどのレベルのものが必要なのかを調べた上で病院へ行かないと、
やり直しの二度手間や不採用になってしまうかもしれません。

 

最後に注意しなければいけないのが、健康診断書は受けて
すぐに発行してもらえるというわけではありません。

 

ぎりぎりになって慌てて病院へ行っても、もらえない場合があるので、
前もって健康診断を受けるようにして下さい。

 

何事も少し余裕をもった行動を心掛けましょう。急いでしまうと、
誰でもうっかりミスをしてしまいがちですから。

 

就職活動時のミスは、取り返しがつかない場合もありますよ。