就職活動面接

就職活動の面接の目的

就職,就職,面接

就職活動の試験には、面接があります。

 

書類審査が通るとこの面接があるわけですが、
この大きな関門を乗り越えるには何が必要でしょうか?

 

 

就職活動する側からでなく、企業側が求めている人物像について
考えてみるとわかりやすいことでしょう。


相手の立場になって考えてみる

あなたが担当者だとしたらどんな人材を求めますか?

 

責任感が強い・積極性、創造性がある・リーダーシップがとれる
・向上心を持っているなどが思いつくのではないでしょうか?

 

採用担当者の目線に立ってみると他にもたくさんのことが思い浮かぶはずです。

 

人事担当者の気持ちがわからなければ、父親や親類、知人などを探して
聞いて見ることも大切です。

 

「あなたが担当者ならどういった人が欲しいと思いますか?」と聞いてみましょう。

 

 

就職活動の面接の種類と質問の対応

つぎに、就職活動における面接の種類を分けてみると、
いろんな形式のものがあります。

 

メール面接や一次面接、二次面接、集団面接、役員面接、最終面接などですね。

 

もちろん企業によって変わってきますから一概にはいえませんが、
多くのところは数回に分けて人材を選んでいきます。

 

 

就職活動としての個人面接試験では、積極的な受け答えをして、
明るく爽やかに面接官と接するのが重要になります。

 

集団面接とは、数人の求職者と企業側数人の面接官が行う面接試験です。

 

質問内容は問題の提起が多いと思います、出された問題に一人ずつ答えていきます。

 

個人面接と違って、面接官は求職者同士の比較ができ、評価しやすいのが利点です。
自己アピール・積極性・協調性などが見られる面接です。

 

質問された時、質問をした面接官に向かってだけ話すのではなく、
面接官全員に向かって話すように心がけた方がよいと思います。

 

 

 

当然、就職活動の面接には入室や挨拶などマナーがあります。

 

これらは当然のこととしても、面接後のお礼メールなども
しっかりと抑えておいたほうがいいでしょう。