就職志望動機と理由

就職の志望動機に必要なもの

就職活動でもっとも大切なものの一つに入る
「志望動機」または「志望理由」といわれるものについて。

 

これから志望動機に必要な項目を挙げていきましょう。

 

 

最初に志望動機には、意欲と理由がなければいのけません。

 

志望動機を考える時には、情報を集めて企業の分析をしていき、入社したいという
意欲の「強さ」と、なぜ入社したいのか?選んだのか?
という「理由」を盛り込むことで好印象を与えるのがコツです。

 

志望動機をアピールする際には、まず自分が何を企業でやりたいのかを考え、
企業がどんな事業を行っているのかを調べ、
自分はここで何をしたいから志望しますという流れで話を進めていくと、
よいアピールになると思います。

理由付けとアピールの仕方

このような志望動機のアピールの仕方はすでに
入社したという前提でどんなことをしてどうなるのか?

 

といった話をしたほうが具体的な印象を与えます。

 

ダメな例としては、入社してからこんなことがやりたいです。
というようなアピールでは漠然としているのです。

 

 

人事の担当官が見たいところは、学生の熱意、真剣さ、やる気なので入社した後、
どのようにして仕事に励んでくれるのか、真剣に仕事をしてくれるかを知りたいのです。

 

 

志望動機を作成する場合には、目標、目的、希望をアピールする〜企業分析を行い、
その会社の事業内容などを把握する〜将来の目標、
人生観を織り交ぜながらアピールするというように分けて考えます。

 

他の学生が知らないような情報を集めることが大切です。

 

面接というのは、他の応募者と比べられるわけですから
こうした差別化も印象に残るポイントとしてはアリということです。

 

就職活動にも戦略が必要となってきているのかもしれません。