就職保証人の責任

保証人の必要性

会社に就職する際に
「身元保証人」を付ける事を要求される事はよくあります。

 

就職の際の「身元保証人」とは、個人が会社に就職し、
その個人の責任で会社に被害が発生した時に責任を負う者の事です。

 

「身元保証人」の責任を負う限度額というのは
決められておらず無制限のため、責任が非常に重くなる可能性があります。

 

そこで「身元保証に関する法律」というものが定められており、
その責任の範囲の限度を規定しています。

身元保証契約期間について

まずは「身元保証契約の存続期間」というものがあります。

 

これは身元保証契約期間は期間を定めていない場合は通常3年とされ、
期間を定めた場合でも最長5年、というものです。

 

それから「保証責任の限度」というものもあります。

 

 

これは「裁判所は、

 

 

「身元保証人の損害賠償の責任及びその金額を定めるに当たっては、
〜中略〜
その他一切の事情を斟酌する」

 

 

とあるように、

 

身元保証人が損害額の全額を賠償する訳ではなく、
裁判所が合理的な額について定める事になります。

 

 

このようにある程度責任を限定されてはいますが、
やはり厳しい内容である事には違いありません。

 

 

ですので「身元保証人」を頼む場合も、
引き受ける場合も軽い気持ちで行う事はやめましょう。