就職の一般常識の試験

国語への取り組み方

就職活動の際の筆記試験で出される「一般常識」。
知っていてもあまり役に立たないけれど、知らないと恥ずかしいというものです。

 

もちろん社会にでても必ず求められる部分なので、しっかりと勉強しておきましょう。

 

民間企業の採用試験では国語と英語が最も出題率が高いので、
そこに重点を置いて勉強するといいでしょう。

 

まず国語に関しては、漢字問題や四字熟語、ことわざなどを中心に勉強します。

 

専門的で高度な知識は必要なく、小中学校で習ったような、
本当に一般的な漢字やことわざなどが出題される傾向にあります。

 

学生生活を何年も離れてしまった大人よりも、受験生などのほうが得意とするでしょう。

英語への取り組み方

英語に関しては少し難しくなっており、
英訳、和訳、熟語、単語、ことわざ、穴埋めなどが出題されます。

 

高校時代の教科書をもう一度よく復習する事でクリアできるでしょう。
数学や理科では一次方程式やグラフ、図形などの問題がでます。

 

これらは少し復習しておけば簡単に解くことができますが、
ノータッチでは少し難しいと思われますので、
参考書などを一冊買って復習する事をお勧めします。

 

そして時事問題では国民の関心度が高いスポーツや、
日々話題になっている出来事などを中心に出題されますので、
日頃から新聞やニュースなどを見るように心掛けるといいでしょう。