就職試験の面接と筆記問題

面接の段階

就職試験とは筆記や面接などの採用試験の事です。

 

一般的には書類選考、筆記試験、一次面接、二次面接、最終面接、
と言う風に進んでいきます。

 

最近では文書作成や適正試験、グループディスカッションなどを
要求される場合もあり、ほとんどの企業がこれらの複数の試験を行っています。

 

そして一つ一つ合格していきやっと内定がもらえるという厳しい現状となっています。

 

まずは履歴書やエントリーシートを記入する事から始めますが、
これらは単純に試験への入り口と簡単に考えてはいけません。

 

書類選考に受からなければ次の段階へ進む事もできません。

 

しっかりと自己分析を行い、自分の資格や長所を最大限にアピールしましょう。

 

書き方もインターネットなどで公開しているサイトがたくさんありますので、
それらを利用してしっかりと勉強しましょう。

その前に筆記試験がある

筆記試験においては一般常識や政治経済などの時事問題などが出題されます。

 

市販の問題集を最低1冊は熟読するようにしましょう。
日頃から新聞やニュースに目を通しておく事も重要ですね。

 

これらをクリアできていよいよ面接となります。

 

面接に関しては、大学生などはその大学で
模擬面接を行ってくれるところもありますので、そういったものを大いに利用しましょう。

 

面接は場数を踏む事が大切です。

 

大学生でない人も、家族や友人に面接官の役をしてもらい、
模擬面接を行うと少しでも雰囲気になれる事もできます。

 

いろいろ対策を行って万全の状態で試験に挑む事が望ましいでしょう。