就職に有利な資格

大学生の新卒でも武器が持てる

就職するにあたって資格を持っていれば有利だ、
と世間一般では言われています。

 

資格を持っていれば、それが自分の自信へとつながり自己アピールにもなりますね。

 

しかし資格を持っているからといって、100%内定がもらえる訳ではありません。

 

当然面接での人柄や対応なども考慮される事になります。

 

書類選考や面接のとっかかりとしては
資格を持っているほうが有利と言えるでしょう。

 

それでは就職に有利な資格とはどんなものがあるのでしょうか。

一般的に有利とされる資格

専門分野によっていろいろなので一口で言うのは難しいのですが、

 

 

一般的に必ず上位にあがるのが「中小企業診断士」です。
これは簡単に言えば会社の経営状態を診断するという資格です。

 

 

それから「簿記」です。簿記とは会社の経営状態を計算し記録するという資格です。
しかしこの「簿記」は3級以上でないと実質、有利とは言えないでしょう。

 

 

あとは「英検」です。これは1級程度が必要とされています。

 

 

それから、不動産業界なら「宅建」、金融業界なら「FP」、
事務職においては「MOS」などがあります。

 

 

これらが「ある」の「ない」のとでは、やはり「ある」に越した事はありません。
しかし、やはり最後には人間性や経験が大切になってくるのではないでしょうか。