ケアマネージャーの受験資格

介護職で重要な専門職である

ケアマネージャーという仕事をご存知でしょうか?

 

ケアマネージャーとは、介護支援専門員のことで、
介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。

 

最近導入された「介護保険制度」。

 

この制度は、要支援または要介護と認定された人が、
それぞれに合った介護サービスを受けられるようになっています。

 

このそれぞれに合った介護サービス計画(ケアプラン)を
作成する専門職のことを、ケアマネージャーと言います。

 

高齢化が進んでいる今、なくてはならない重要な仕事ですから、
この資格を持っていると就職にとても有利です。

 

それでは、どうやったらケアマネージャーの資格を取ることが出来るのか?

 

この資格を取るためには、
まず「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければなりません。

 

ですが、この試験に合格したからと言ってまだ取得はできません。

 

試験に合格した人は、次にケアマネージャーになるための
「実務研修」を受ける資格をもらえます。

 

「実務研修」を受けて合格すると、いよいよ後日行われる
「介護支援専門員実務研修」を受けることが出来ます。

 

この「介護支援専門員実務研修」を終了すると、
ようやく資格を取得できるのです。

 

このように資格を取得するのは、決して簡単なことではありません。

 

だからこそ、やりがいのある仕事なのです。

 

今すぐにでもこの介護資格を取りに行きたいと
思った方もいるのではないでしょうか。

 

気になる受験資格

実はこの資格を取得するには、
一定の資格を持ち一定の期間の実務経験がなくてはいけないんです。

 

なぜならケアマネージャーの仕事では、
保健・福祉・医療の各分野で幅広い知識や技術が必要となってくるからです。

 

ですから、あなたがいくらやる気があって今すぐにでも取得したいと思っていても、
これらをクリアしなければいけません。

 

それでは、どのような人が受験が可能なのかと言いますと。

 

「福祉や医療などの分野で5年以上の実務経験がある者。」

 

「資格が無くても老人福祉施設や民間介護サービス業で
 5〜10年以上の経験がある者」

 

「介護施設、障害者施設の”相談援助業務”
 に5年以上で通算900日以上勤務経験のある者」

 

「訪問介護の仕事など介護等の業務に10年以上で1800日以上従事した者」

 

これらの条件を満たしている人であれば、
ケアマネージャー資格を受験することができます。

 

 

ここまで読んで、取得することの大変さが
お分かりいただけたかと思います。

 

それだけ、責任ある重要な仕事なのです。

 

ますます高齢化が進んでいる今こそ、
ぜひ取得してやりがいあるケアマネージャーの仕事をしてみませんか?

 

 

▼このページをブックマークに登録する