国家資格と民間資格

国家資格の特徴

国家資格,民間資格

資格にも国家資格のものであったり、民間資格であったりと様々なものがあります。

 

やはり難易度も国家資格のほうが高くなっています。

 

国家資格というのは国家試験を受けなければならず、
その試験をパスした人だけが特定の職に就く資格を与えられるものです。

 

知識や技術が国に認められたということになるので価値のある資格ともいえます。

 

当然ながら社会的にも信用がある資格となりますので、
就職や転職にも有利になることがあります。

 

民間資格との大きな違いは法律に裏付けされているかどうかという点でしょうか。

 


民間資格の特徴と種類

民間資格の中でもものすごく幅があります。

 

といいますのも、資格を主催、運営しているのが
公益法人や商工会議所から企業やスクールだったりとするからです。

 

その代わりいろいろなジャンルの資格があるのが特徴ですね。

 

 

 

弁護士などの資格習得が業務遂行のための必須条件となっている業務独占資格や、
中小企業診断士などの有資格者だけが名乗ることを認められている名称独占資格、
特定の事業を行う際に法律で義務づけられている設置義務資格などがあります。

 

 

民間資格は独自の試験基準を持っているので任意の認定がなされるのです。

 

しかし、民間資格でも国家資格と同じぐらいの価値があるものとして
認知されているものもありますし就職にも役立つものもあるわけです。

 

こうした資格になると、やはり難易度が高い傾向があります。

 

とはいっても、やはり国に認められた資格ではないので、
有効度などは信用がおけない部分もあります。

 

資格の持つ意味とは

こうした資格は国家資格や民間資格などで選ぶのもいいですが、
自分は身に着けたい職業に合った資格を選ぶのが大切なことだといえます。

 

何かと資格を取ればやっていけると思いがちですが、そこから始まるわけで
資格があるから仕事がある、お金がもらえるとは思わないようにしておきましょう。

 

 

あくまでもあなたの能力や知識を証明するものの1つとして
認識しておくぐらいがいいと思います。

 

▼このページをブックマークに登録する