日本語教師資格取得

日本語教師の必要性

日本語教師という職業をご存知でしょうか。
その名の通り、日本語を教える先生の事です。

 

日本在住の留学生や海外赴任のビジネスマンなどを対象に日本語を教えています。

 

また海外でも、日本語を専攻している大学生や、
趣味で日本語を学んでいる人達もいますので、日本語教師がたくさん活躍しています。

 

日本語教師には日本語のスキルはもちろん、
ビジネスマナーや日本の文化などの知識も幅広く要求される事になります。

 

また日本で幼児の英会話スクールがあるように、
日本語を子供達に教える場も少なくはありません。

 

その場合は幼児教育などの知識も必要ですし、
教員免許を条件にして日本語教師を募集しているスクールなども実際にあるようです。

 

有資格者の条件

日本語教師になるためには特別な公的資格は必要ありません。

 

しかし、日本語教師としての募集を見てみると、
やはりほとんどは「有資格者」を条件にしています。

 

詳しく言えば、文部科学省の決めたガイドラインを採用条件としている
日本語教育機関がほとんどです。

 

何か資格が要るという事を定められてはいませんが、実質は資格を持っていなければ、
日本語教師としての就職は難しいと言えるでしょう。

 

 

その「有資格者」についてですが、

 

1、4年制大学において日本語教育を専攻して学ぶ
2、日本語教師養成講座420時間を修了する
3、日本語教育能力検定試験に合格する

 

以上のどれか一つを満たしている人が、「有資格者」という事になります。

 

 

▼このページをブックマークに登録する