資格試験介護福祉関係

介護福祉に関する資格

介護福祉関係の仕事について調べてみました。

 

日本は年々高齢化社会が進んでいて、
介護福祉関係の仕事は数年前からとても注目されています。

 

また種類も豊富で、ホームヘルパーやケアマネージャー、
そして介護福祉士などがあります。

 

ホームヘルパー

まず、ホームヘルパーについてですが、
これは国家資格ではなく養成研修を受講して取得します。

 

特に試験などはなく、研修を受講すれば取得できるのですが、
1級2級3級とあり、それぞれ、受講時間が違っています。

 

主に就職などで必要とされるのは2級以上になります。

 

そして数年後にはホームヘルパーの仕事をするためには、
介護福祉士の資格が必要になると言われています。

 

介護福祉士

その介護福祉士ですが、これは国家資格になりますので、ホームヘルパーと違い、
試験を受けなければいけませんし、その難易度は高いと言えるでしょう。

 

しかし、これからは、待遇や将来性を考えるとホームヘルパーよりも
介護福祉士の方がいろいろな面で、お勧めだと思います。

 

ケアマネージャー

それからケアマネージャーですがこの資格は比較的新しいもので、
これもホームヘルパーと同様、国家資格ではありません。

 

ただ、上記の二つの資格はどちらも、日常生活が困難なお年寄りや障害者を
介護する、という仕事ですが、ケアマネージャーは、
その介護が必要な人の要望を聞き、介護プランを作成するという仕事です。

 

そして資格取得には試験を受ける必要があり、試験を受けるのにも条件が必要です。

 

年々この資格の合格率は下がってきているようで、高いスキルが必要とされています。

 

今説明した3つ以外にも介護福祉関係の資格はたくさんあります。

 

これからも高齢化社会はまだまだ進んでいく傾向にありますので、
これらの資格は安定して高い需要があると言えるでしょう。

 

 

▼このページをブックマークに登録する