保育士の資格取得

保育士の人気は根強い

少子化が進むこの時代に保育士という資格は需要が
少なくなっているのでは、と思われる方も多いでしょう。

 

ですが、実はその逆で、ここ数年とても需要が伸びているのです。

 

今はとても不況な世の中です。
それゆえに夫婦共働きの世帯がとても増えています。

 

なので母親も子供を預けて働きに出るというのが当たり前のようになってきています。

 

以前は、女の人なら保母さん、男の人なら保父さんという風に呼んでいましたが、
平成11年に正式に「保育士」という国家資格が誕生しました。

 

よく混同されがちなのは、
幼稚園で働くには、「幼稚園教諭免許状」というものを取得しないといけません。

 

資格の取得方法

「保育士」と呼ばれる方達は、主に、「児童福祉施設」という所で働く事になります。
例えば、保育所や乳児園、児童養護施設などです。

 

「児童福祉施設」は他にもたくさんの施設があります。

 

そしてその「保育士」の資格取得の方法ですが、
保育士試験に合格する事です。その試験を受けるにも一定の条件があります。

 

それから、厚生労働大臣が指定した保育士を養成する学校を卒業すれば
自動的に資格取得となります。

 

一昔前までは保育士は女性の仕事というイメージが強かったのですが、
最近では、男性も保育士として活躍している人が増えてきています。

 

 

▼このページをブックマークに登録する