インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターに必要な能力

インテリアコーディネーターという職業をご存知でしょうか?

 

簡単に説明すれば文字通り、インテリアをコーディネートする人、という事になります。

 

コーディネートには「組み合わせる」「調和させる」などの意味があります。

 

家具や照明はもちろん、それぞれの機能やスタイル、安全などを組み合わせて、
住む人にとっての快適な空間をトータルプロデュースする
インテリアのスペシャリストをインテリアコーディネーターと言います。

 

インテリアコーディネーターには通産大臣認定の民間資格もあります。

 

国家資格ではありませんが、建築関連の専門知識、また製図を起こせるなどの
技術も必要で、そのハードルはかなり高いものになっています。

 

また、お客様との商談を重ねて、充分に要望に応えなければなりません。

 

お客様が何を言いたいのか、何を望んでいるのかをしっかり理解する事が大切です。
そのためには、高いコミュニケーション能力も必要となってきます。

 

コミュニケーション能力も求められる

また家具などを選ぶ際には、その素材の断熱性や防音性、安全性なども
考慮していきますので、そういった専門知識も必要とされます。

 

そして、お客様の予算に合ったものを選ぶのですが、最初の費用だけではなく
ガスや電気など、トータルで計算して、提案していく事も重要です。

 

他にも、生活空間すべてをお客様の要望を十二分に取り入れながら、
プロデュースしていかなくてはいけません。

 

消費者の生活空間に対する要望は年々高くなってきています。

 

ですので、需要が増えてくると同時に高いスキルやセンスも
必要となる資格と言えるでしょう。

 

 

▼このページをブックマークに登録する