ホームヘルパー2級資格

資格試験は無いが・・・

最近、就職に有利な資格を取ろうという人達がたくさん増えてきましたよね。

 

その中でも、今から説明するホームヘルパーの資格は
特に注目を浴びているのではないでしょうか。

 

高齢化社会の今、なくてはならない仕事、それが介護に関する仕事です。

 

介護関係の仕事に就くためには、ホームヘルパーの資格が必要になってきます。

 

このホームヘルパーの資格には、1級・2級・3級があります。

 

まずは1級についてですが、
1級は原則的に実務経験が1年以上ないと取得できません。
内容も2級・3級に比べて高度になっています。

 

ちなみにホームヘルパーは免許制ではありませんから、
資格試験というものは存在しません。

 

ではどうなっているのかというのを次で紹介していきましょう。

 

ホームヘルパーになるには

試験のかわりに、養成研修というカリキュラムを受ける必要があります。

 

もちろん1級の資格を持っていることが一番良いですが、
介護保険の制度上では、2級取得者であればすべての介護業務に
従事することができるとなっています。

 

なぜなら2級は、「生活援助」以外の介護の基礎的な
技能全般についての勉強となるからです。

 

ですから、ホームヘルパーの2級資格を持っていれば
介護の仕事に就くことが出来ます。

 

ホームヘルパー3級は、就職にはあまり有利ではないので、
せっかく取るのなら2級資格を取りましょう。

 

2級なら、短期間で取得することも可能ですし、
受講料もそれほど高くはありませんから誰でもやる気さえあれば取得できますよ。

 

介護は、体力と気力がないと出来ません。

 

ですが、介護のやり方にはコツがあるので、
コツさえつかめば介護する側もされる側も体力的に負担を少なくすることが出来ます。

 

基礎をしっかりと学べば、何も難しいものではありません。

 

これからますます高齢化が進んでいきますから、
ぜひ今から2級を取得して、やりがいある介護の仕事に就いてみてはいかがですか?

 

 

▼このページをブックマークに登録する