介護福祉士の資格

介護福祉士とは

今最も注目されている資格、それが介護福祉士の資格ではないでしょうか。

 

介護福祉士とは知っている方も多いと思いますが、
主に高齢者の介護や身体や精神に障害があって
介護を必要とする人の日常生活をサポートする仕事です。

 

いわば、介護のプロというわけです。

 

高齢化が進んでいる今、なくてはならない仕事の一つです。

 

介護福祉士資格はヘルパー1級と同じく、
サービス提供責任者になることができる資格です。

 

ですが、ヘルパーよりも介護福祉士の方がより高度な知識を学ぶ必要があります。
試験も一年に一度で、その試験に合格しなければ取得できません。

 

その分、ヘルパーよりも就職に有利ですし、知識も豊富となりますから、
介護の仕事を続けていく人はぜひ取得したい資格だと思います。

 

仕事内容と資格の条件

主にどのような仕事内容となっているのでしょうか。

 

仕事内容は、食事介助や入浴介護、排泄の介助、
着替えの介助や体位変換などの日常的な「身体介護」を行ったり。

 

利用者の自宅を定期的に訪問して、
調理や洗濯、買い物、掃除などの「家事援助」を行ったり。

 

通院されている人には病院へ付き添ったり、
本人に代わって医療機関への連絡を行ったり、
介護計画の立案をしたりなど、利用者の生活の身の回りの支援を行います。

 

その他にも、家族や介護を担当するホームヘルパーなどに
介護方法を指導することもあります。

 

 

介護福祉士になるには、
ホームヘルパーや介護職員としての3年以上の実務経験を積んだ後に
国家試験を受験して資格を取得する方法があります。

 

また、介護福祉士の専門学校を卒業して
試験なしで資格を取得するという方法もあります。

 

高齢化はますます進んでいるのに、介護する側の人間が少ないのが現状です。

 

介護と言う仕事は、体力の必要な仕事です。
そしてそれ以上に、精神的にも努力のいる仕事です。

 

それでも多くの人が介護業界で頑張っていますから、
それだけやりがいがある仕事という事です。

 

将来的にも役立つ仕事ですから、
ぜひあなたも介護福祉士の資格を取得して
仕事にチャレンジしてみてはいかがですか。

 

 

▼このページをブックマークに登録する