介護支援専門員の受験資格と合格率

介護支援専門員の受験資格

介護支援専門員という仕事を知っていますか?

 

どんどん高齢化が進んでいる今、とても必要とされている仕事のひとつです。

 

この介護支援専門員の受験資格は、法定資格の保有や
一定年数以上の当該業務の実務経験がなくてはいけません。

 

介護支援専門員の試験内容も、介護支援分野・保険医療サービス分野・
福祉サービス分野から出題されるので、介護・福祉の幅広い知識が必要です。

 

そして介護者一人ひとりにあったケアプランを作成する能力も必要になってきます。

 

 

ですがやはり何と言っても、
体の不自由な方やお年寄りの方と接する仕事ですから、
相手を思いやる気持ち、思いやりがなくては務まりません。

 

 

いくら知識が豊富であっても、思いやりのない人には
介護される側の人も信頼することはできませんよね。

 

介護支援専門員の合格率と内訳

実はこの介護支援専門員、資格合格者の7割前後は
看護師と介護福祉士で、同じく7割前後が女性なんです。

 

心のケアもしなければいけない
繊細な仕事だからこそ、女性が多いのかもしれませんね。

 

介護支援専門員資格取得に至るまでには、
多くの条件のクリアや受験合格までの年数を要します。

 

介護支援専門員資格の合格率が低いことからも、
この資格取得の難しさがうかがえます。

 

 

ですが、それだけの価値あるやりがいのある仕事ですし、
介護保険制度という信頼と保証があり
ますからぜひ多くの方に取得してほしいと思います。

 

 

たくさんある資格の中でも、この介護支援専門員資格は
日本の先を見据えれば、十分な将来性を持っている資格です。

 

資格取得が難しければ難しいほど、その資格は価値を持ちます。

 

そして就職にも大変有利になります。

 

高齢化社会の中で、あなたの思いやりの気持ちと知識を活かして
介護支援専門員の仕事をしてみてはいかがですか?

 

あなたの将来にもきっと大いに役立つと思いますよ。

 

 

▼このページをブックマークに登録する