社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格って?

社会福祉主事任用資格というのを知っていますか?

 

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、社会福祉主事任用資格とは本来、
福祉事務所の現業員(ケースワーカー)として任用される者に
要求される資格(任用資格)のことを言います。

 

社会福祉施設職員等の資格基準などに準用されているようです。
この資格を持っている=社会福祉の基準的な学習をした。

 

というわけで、求人側もこの社会福祉主事任用資格を持っていることを
条件としているところが多いようです。

 

ですから、社会福祉施設職員等を目指している方は
必ず必要になってくるのでぜひ取得してみて下さい。

 

取得方法の種類

社会福祉主事任用資格を取得するにはいくつか方法があります。

 

@厚生労働省の指定する養成校を卒業する。

 

A都道府県の行う講習会に出席する。

 

B大学等で厚生労働省の指定する科目を3科目以上履修する。

 

科目は、
1.社会福祉概論
2.社会福祉事業史
3.社会福祉援助技術論
4.社会福祉調査論
5.社会福祉施設経営論
6.社会福祉行政論
7.社会保障論
8.公的扶助論
9.児童福祉論
10.家庭福祉論
11.保育理論
12.身体障害者福祉論
13.知的障害者福祉論
14.精神障害者保健福祉論
15.老人福祉論

16.医療社会事業論
17.地域福祉論
18.法学
19.民法
20.行政法
21.経済学
22.社会政策
23.経済政策
24.心理学
25.社会学
27.倫理学
28.公衆衛生学
29.医学一般
30.リハビリテーション論
31.看護学
32.介護概論

33.栄養学
34.家政学

 

これらの中の3科目です。

 

これらを満たすことで、社会福祉主事任用資格が取得できるようになっています。

 

社会福祉主事の仕事内容は、
生活保護法、児童福祉法、母子及び寡婦福祉法、、
身体障害者福祉法などに定める支援や保護を必要としている人に対しての
相談や指導、福祉法に基づく援助・育成・更生などに関する事務を行うことです。

 

つまり、直接的な介護の仕事ではなく、
事務的に利用者に関わる仕事というわけです。

 

利用者にとって、今後の生活に大きな影響を与える仕事ですから、
ぜひ責任感が強くて広い心の持ち主にやっていただきたい仕事だと思います。

 

 

▼このページをブックマークに登録する