転職ナビ

転職する目的を明確に

転職,ナビ

転職目的に関わらず、ほとんどの人がアンケートで失敗したと答える結果となっています。
結局は前の職場にいたほうがよかった、となっているわけです。

 

こうしたほとんどの人が失敗する転職について解説していきたいと思います。

 

キャリアアップを目的とした転職活動の取り組みとして、「なぜ転職するのか?」ということを明確にすることが成功の条件となっています。

 

転職目的が明確になっていないと応募書類の内容であったり面接の受け答えにも矛盾がでてきて、希望するところへ就職することができないことになってしまいます。

 


成功する転職とは

成功する転職とは、どのようなものでしょうか?

 

あなたの転職の目的を果たすことができ、
キャリアアップが望める企業にもメリットを与えることです。

 

そうした意味でも、転職の目的や自分自身の得意分野をしっかり把握してから、
転職活動を始めていかないといけません。

 

収入アップが望みなのか?
自分の時間を持てるように余裕のある職場がいいのか?
やりがいがある仕事がいいのか?

 

他にもたくさん転職目的はあることでしょう。
あなたが一体何を目的としているのか?
しっかりと把握することが転職設計になる第一歩と思います。

 

やめておいたほうがいい転職

転職,ナビ

また、このような理由での転職はやめておいたほうがいいでしょう。

 

例えば、
・給料が低いから
・今の仕事がつまらないから

 

といったものです。

 

 

このようなタイプの人は結局、他の職場に行っても違う形で不満を作ってしまいます。

 

 

たとえば、給料に不満があるなら、「なぜ、給料が低いと思うのか?」「高い給料が得られるなら、どんな仕事・会社でもいいのか?」などというように自問自答を繰り返していくと、

 

自分の目指したい方向性が具体的にみうてくるようになり、転職したい本質的な理由や志望動機を明らかにすることができます。

 

 

また、転職活動をする際には、現在の職場で働きながらしなければいけません。

 

無職になってからの転職が上手くいく確率はデータ上とんでもなく低いです。

 

仕事を続けながら転職先を探すのが困難な人は転職コンサルタントなどを利用してみるのもいいでしょう。