転職理由

転職の理由を明確にするのは

転職,理由

転職するときにはなぜ?という理由を明確にしないといけません。
なぜ退職してその企業で働きたいのか?
こういった内容をはっきりと自分の中で明確しなければいけません。

 

「わたしがこれまで身に付けたスキルを生かして△△になりたい。
しかし現状の会社勤務、環境ではその経験を生かすことが果たせない。
だから、転職したい」

 

こうした理由はよく聞きますが、これだけでは明確だとはいいがたいです。

 

転職理由ランキングによく登場する「キャリアアップしたい」という理由も
「自分にとってのキャリアアップとは何か?」をよく考え、
目標と同じで、どういう状態になると幸福になれるかをはっきりさせた方がよいのです。


キャリアアップの本当の意味

どうもキャリアアップという言葉だけが一人歩きしているような気がしてなりません。

 

今の会社ではできないのか?なぜできないのか?ということを考えておかなければ
転職先の会社でもキャリアアップできないのではないか?

 

このように感じるのは私だけでしょうか?

 

 

「今の会社ではやりたい仕事ができないから」
「やりがいを感じないから」という転職理由は何も努力せず

 

「やりたいことができない」というのは単なる不満・わがままととらえられると思います。

 

まずは自分でできるだけのことをしてみることが大事です。

 

どうしても転職する必要があるか?

たとえば、給料が安いから、という転職理由がありますが、
それでは同じような業種の会社へ行って
そんなに劇的にあなたの給料が上がるのでしょうか?

 

未経験の異業種に取り組んで以前の給料を上回るのでしょうか?

 

それなら、現在の状況を上手く生かしていくほうが、より稼げる方法に近づいていないか?

 

このように考えてみるといいと思います。

 

 

 

実は今の所が嫌で逃げているだけ。
この転職理由が理由であれば失敗すると思います。

 

 

 

自分を正当化するための転職理由を並べたとしても上手くいきません。

 

どうしても転職しなければ目的は達成されないのか?

 

考えてみましょう。

 

その上でしっかりとした転職理由も見えてくるはずです。