転職志望動機

転職の目的を明確にしておく

転職,志望動機

先ほどから述べている転職理由や転職目的をはっきりさせておくと

 

面接で聞かれることになる、
志望動機も明確になって説明することができます。

 

 

 

転職の際、面接において必ず質問してこられるのが、

 

・どうしてこの仕事をしようと思ったのですか?
・この業界で働きたいと思うようになった理由は何ですか?
・どういう理由で当社に応募したのですか?

 

といった志望動機を聞かれます。当然の質問ですね。

 

まずは、なぜこのような質問をしてくるのか?
これを把握することが大切なポイントです。


企業が志望動機を聞く理由

なぜ転職してまで、その仕事をしようとするのか、
をさぐる志望動機の質問では、応募者自身の適性と、
希望する仕事の中身をどれだけ理解して応募しているか志望動機から聞かれます。

 

会社はなぜ転職してきたのかをはっきりさせておく必要があるからです。

 

・実は嘘を言っているのではないか?
・雇ってもまた別の会社へ転職するのではないか?

 

などなど新卒を雇用するときは別の不安があるからです。

 

 

とくに、未経験の仕事に転職する人は、なぜこれまでの仕事をやめてまで
転職し新しい仕事をやってみたいと思うようになったのか、
かなりしつこく志望動機を尋ねられることでしょう。

 

また、担当者はこうした質問をしつこくすることで転職者の意図を知ろうとしてきます。

 

 

業界の動向をどれだけ正しく知っているか、学んでいるか、を質問することで、
これまでの仕事に関する理解度や業界への関心度を把握しようとする狙いもあるでしょう。

 

転職する場合は、新卒のようにはいきません。

 

未経験であっても雇用してすぐに戦力になるのか?育ってくれるのか?
こうした視点で捉えられることになります。

 

 

ちなみに30歳を過ぎてからの転職は非常に危険です。

 

できることならやめておいたほうが後々良かったということになりかねません。

 

 

どうしてもというのなら転職アドバイザーに頼るのも一つでしょう。