転職面接・退職理由の応答

転職面接で一番大切なポイント

転職,退職理由

転職の面接で担当者が一番知りたいのは、なんといっても前職の退職理由です。

 

これは間違いありません。

 

当然ですが、なぜ働いていた会社を辞めることになってのか?

 

転職者はこの部分をしっかりと説明しなければなりません。

 

もちろん、あなたのことをしっかりとアピールしながらです。

 

この質問の回答が非常に大事で、
悪い印象を相手に与えてしまうと転職が駄目になってしまうこともあります。

 

退職理由に関する受け答えの要点として、以下のポイントに注意してみましょう。


退職理由の答え方

会社としては以前辞めているのだから、雇用してもまた辞めてしまうのではないか?

 

こうした不安があります。この点をはっきりとさせておきたいわけです。

 

 

退職理由はうやむやにせず、はっきりと具体的な回答をするのがよいでしょう。

 

 

また、どんな仕事をしていてもでてくる不平、不満を退職理由として
回答するのはやめておきましょう。

 

 

例え退職した理由がそうだとしても、この部分の言及はさけておきたいところです。

 

 

転職により面接を受けるときは、その不満に対して、
自分がどう対処してきたかまでを答えるのがよいと思います。
それにより、前向きな姿勢ととらえられることができます。

 

 

このように言い方ひとつでも相手に与える印象というのはまったく変わります。

 

マイナスとなりそうな話題は、
切り口を変えることで印象が良くなるように表現をすることが大切です。

 

 

 

そして、これは言うまでもありませんが
転職に前向きな理由がある場合の面接では、迷わずそれをアピールすることです。

 

 

仕事や人生設計においての目標のために転職したというように、

 

面接官を納得させるだけの退職理由を話すことが重要です。

 

 

このように、言葉の選び方は非常に重要なものになるので
切り口を変えるということを忘れないようにしておくとよいでしょう。