転職の履歴書の書き方例

転職での履歴書のアピールの仕方

転職の際の履歴書は、新卒の頃の書き方とはまた違ったものになるでしょう。

 

当然ながら、職務経歴書も必要となりますし、自己PR書なども必要となります。

 

当然こうした書類を出すことができるのですから、
十分なアピールを相手にできるように作成しなければなりません。

 

これらの書類において重要なことは、
的確に自分の評価を上げる書き方を身につけることです。

 

しかし、転職にこれほど大切な書類なのに、
書類審査で落とされてしまう人もたくさんいます。

 

もちろん履歴書の書き方がまずから落とされたという可能性は低いですが、
十分なアピールが足りなかったのではとも思うわけです。

 

 

そこで、転職履歴書の書き方の注意点としては、次のような項目に注意しましょう。

書き方の注意点

・転職の履歴書がほかの会社でも通用するような内容になっている場合

 

このようなどのような会社に対しても提出できる履歴書というのは
書く労力は少なくて済みますが、どの会社にも通じるだけに
内容が漠然としたものになりがちです。

 

つまり、広い範囲で通用するようなアピールの仕方は、
曖昧にしか伝わらないということです。

 

 

・特に志望動機の欄は要点だけをまとめて書くようにしましょう。

 

履歴書の中で吟味される部分がここです。
志望動機は何度も言いますが重要なのでしっかりアピールできる表現を考えてください。

 

 

・自己PRをする際には、相手方の求めている人材にそったアピールを考えましょう。

 

・転職履歴書の書き方で誤字、脱字を防ぐために、推敲を重ねることです。

 

自分で書いたものは、必ず違う人に見てもらいましょう。
そして。書いて後から2、3日空けて見直すようにしてください。
この数日、日を空けるというのがポイントです。

 

 

・修正液などの使用は駄目です。

 

・写真はさわやかな印象を与えるものを選びましょう。

 

 

このように、ある程度履歴書というのは最低限のことが決まっています。

 

ですので、基本の型はテンプレートなどのサンプルを利用して
作成に取り掛かるのもよいでしょう。