転職の自己PR

職務経歴書と自己PRの書き方

職務経歴書に内容について説明していきましょう。

 

履歴書と並んで重要な書類ですが、
職務経歴書のほうが自己PRをするに適しているものです。

 

志望動機欄で転職の自己PRで熱意を伝えるのはほどほどにして、
今までのあなたの経歴をしっかりと書いていくことに時間を割くとよいでしょう。

 

 

経験が浅いからという理由で、転職の職務経歴書を

 

例えば「配属部門にて法人営業3年間勤務」
といった感じで数行で終わらせるなんてことはしないようにしてください。

 

たとえ2〜3年であったとしても、伝えることは数行ではないはずです。

 

 

自分には自己PRできるものなんてない、何もでてこない、
という人は思い込みであることが多いです。

 

自分ではなんでもないようなことが人からするとアピールできるポイントだったりします。

 

 

ですので冷静に職務経歴を振り返ってください。

 

どうしても思い付かないのであれば、自分が過去にやってきた仕事内容を文書にして
誰かに見せてみてるという手段をとるといいでしょう。

面接での自己PRの仕方

次に、転職する際には、「実績」を重点にするなら、
それを示せる「理由」も語れるように自己PRします。

 

注意したいのは「成果」「実績」のアピールです。

 

 

優秀な成績を挙げていれば書類選考は通過できると思いますが、

 

面接では「どのような方法で、その成績を挙げられたのか」
という理由をたずねられると思います。

 

 

理由を述べるのも、職務経歴書を書くときと同じです。

 

一言、二言で終わってしまうような回答ではいけません。

 

 

しかし、まずは職務経歴書の作成ですからテンプレートなどのサンプルをベースとして

 

転職に有利となるような文章を作成していってくださいね。

 

 

あとは、業界に合った自己PRをするように心がけてみてください。